損害保険の種類

自動車事故によるさまざまな損害を補償する保険です。自動車保険には、契約が義務付けられている『自賠責保険』と、契約者が任意に契約する『任意保険』があります。人身事故による損害賠償は高額になることも多く、自賠責保険以外に自動車保険などで十分な保障を備えておくことが大切です。
火災のときだけではなく、落雷や水害、盗難などさまざまなリスクに対して備えることができる保険です。建物の「火災」の補償だけで十分かどうかご自宅の状況をしっかりと把握した上で、適切な契約を結ぶことが大切です。
地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません。また地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となりますので、火災保険への加入が前提となります。
 
少額短期保険の特徴として保障額は、1人につき総額1,000万円までと、通常の保険に比べ、少額となっています。保険の種類は豊富で「死亡保険」「医療保険」「家財保険」などがあります。また、少額短期保険の保険期間は、1年更新や2年更新となっていて、短期的となっているのも特徴です。
傷害保険・少額短期保険のお申し込みはこちらから。